店長日記

こんにちは!店長の香月 素緋です。
店長日記はこちらから

携帯ページ

新着商品

HOME»  魯迅と紹興酒»  魯迅と紹興酒

魯迅と紹興酒

魯迅は近代中国の文豪とも言われている偉大な思想家です。

日本に入学した経験もあり、元々医学を勉強していた魯迅ですが、

中国人の体の病気を治るより、心の病気を治さないかぎりは、

いつまでも封建主義で古い体質のままです。人々の心の病を治すためには、すぐに筆を取り、数多くの鋭い批判の文章と小説を発表しました。



魯迅の生まれ故郷は紹興市です。水の都と呼ばれている
紹興市ですが、魯迅はたくさんの田んぼを持つ富裕な家庭で生まれましたよ。その後原因により貧しい生活を容赦なく強いれ、父の病気を治すために毎日漢方薬屋さんへ通いました。

 魯迅は若き日優秀な成績で来日し、仙台医専で医学の勉強しました。解剖学を教える藤野先生は文法の誤りとか、鉛筆削りまで、何から何までしてくれて、魯迅に物凄く感動させ、先生の性格は「偉大」といい、書斎の壁に先生の写真も貼って仰ぎ見ていた。「藤野先生」は日本人の中に典型的な「真面目」な人と書きましたが、

 魯迅はその文章を書く目的は、単に藤野先生の真面目さと優しさだけじゃなくて、中国民族の病気を治すためたに、是非飲まなければならない「薬」を示した切実な訴えでした。その旧中国人の病気は何でしょうか!中国語で「馬馬虎虎」ですが、日本語は「不真面目、いい加減」だ。この病気は当時の統治者じゃなく、一般の民衆の病気だ

 魯迅のもう一通の有名な小説「孔乙已」の中の孔乙已という人物ですが、いつも減亭酒店という店で紹興酒を飲みます。周りの人たちにいつからかわれる、そのまわりの人たちも庶民たちです、仕事で疲れて、一杯の紹興酒を飲んで、体を温めるだけじゃなくて、疲れもとれる。
そんな中に孔乙已は一番目立つの人物で、皆にからかれ、笑われ、ストレス解消の対象となっています。